バンコクからチェンマイ

やったー!チェンマイに用事が出来た。

チェンマイの用事の前にバンコクでサクッと遊ぼうとエアーチケットを手配。チェンマイに行かなければならない訳なので、バンコクから夜行列車を予約しとこうとThairailwayticet 寝台席取れず諦める。で、バスで行くことに。東南アジアで一番のバス、鉄道、フェリー、飛行機のオンライン予約サイト このサイトも結構役立つ。

今回は初めてバスでバンコクからチェンマイに向かったのです。

どうせエコノミーでしか私は行けない訳で、台北トランジットでバンコクに入る行き方が好きなので、今回もそうする。行きはトランジットの時間は1時間30分しかないので出歩きはしない。そのままバンコクに入る。

スワンナプームに到着後はカオサンへ。いい歳して、思い出あるカオサンはどうしても外せない。そして晩ごはんは大好きなチムチュム鍋を毎度そこばかり行っちゃう屋台で堪能。旨いよなー旨すぎるの、チムチュム。

欠かせないフレッシュジュース。パッションフルーツとオレンジのミックス。多分 50バーツくらいだったっけ? 私は、これで幸せになれるの。

今回はインスタ映えなの行ってきた。

タラートロットラチャダーというナイトマーケット。この写真撮るには隣のショッピングモールの駐車場から撮るのです。夕暮れ時から1時間くらい眺めてたけど、なかなかな眺めでした。そしてこの日もチムチュムをここで食べて来た。どんだけ〜(笑)

アソークにあるBREWSKI

クラフトビールのルーフトップバーで心地よく過ごす。

次の日の早朝、モーチットからチェンマイへ行くバスに乗って向かいます。

 

ハノイでブン。

フーコック島に1週間くらいステイしてハノイに戻って来た。1日ハノイで過ごして、陽朔に向かう予定。

ハノイで食べたもの。

ブンチャー食べるのに、わざわざオバマさんも訪れたというお店に行って来た。

お店の名前は、「フオンリエンBún chả Hương Liên という。そこで食べた コンボ オバマを食べる為に観光バスで来る人達もいるので大盛況だよ。

コンボオバマは結構肉多く入ってて、お腹いっぱい。周りの食べてる人達 もったいない事にハーブとか食べてないで残してる。

私が全部食べてあげたいくらい(笑)

宿泊した旧市街の付近で食べた、この筍いっぱいなブンが本当に美味だった。またハノイ来たら、これ食べたいです。

そして、ベトナムのんびりと時間過ぎていくのでした。次に来るのはいつだろうね。

フーコック島に行ってきた。

とりあえず随分と時が過ぎてしまったので記憶があやふやです。これじゃあ、旅備忘録にならん( ;´Д`)

穴場なベトナムのリゾートに行ってきました。ハノイから2時間くらいでフーコック島に到着。フーコック空港は、こぢんまりとしていながらも綺麗な空港でした。カンボジアとベトナムの国境付近のタイランド湾に浮かんでいます。

西海岸のビーチから望む夕陽は本当にロマンティックだったな。水平線に陽が沈むシーンを観られることは珍しく、国内随一のサンセットスポット

美しいビーチでのんびりするのが一番贅沢な過ごし方のフーコック島。ただただのんびり過ごせて心地よかった。

島のシーフード料理屋さん。新鮮魚が豊富で、ウニや牡蠣、蟹、エビ、ホタテなどの料理が人気。ナイトマーケットのシーフード料理屋さん、楽しかった。

フーコックは黒胡椒やヌクナムの生産地。胡椒畑には行けなかったけど、ヌクナムの工場とか、フーコックのシムワインの見学に行ってみた。シムって南ヨーロッパ原産の植物の名称で、日本語ではギンバイカと言うそうです。甘酸っぱいラズベリーな感じです。フーコックの特産物です。

フーコックの地ビールも飲んで来たよ。

また機会作って、フーコック島に休暇しに行きたいです。心地よいところでした。

ハノイでしばしの休憩

陸路でベトナムにやってきたけど、まず目的はフーコック島に行くこと。

フーコック島はベトナム南西部にある島です。カンボジアとの国境にあり、移動手段はベトナム主要都市からドメスティックでフーコック国際空港へ行く方法と、最西端のハーティエンという町からの高速船。今回、ハノイからベトジェットエアで向かいました。

早朝にザーラム駅に到着した私達はバスの乗れるところまで適当に歩き、バスに乗り込みハノイ駅まで向かう。まずは携帯の充電もしたいしコーヒーも飲みたいので、HIGHLANDS COFFEEでしばしの休憩。

空港に向かうには早すぎるのでハノイをぶらぶら。ハノイ駅に手荷物預かり所があるんですが、そこに荷物を預けました。

この正面入っていって右の方に向かっていくと、おばちゃんがいます。そのおばちゃんがロッカー管理人です。

このおばちゃんに荷物預けたいと伝えると、どれくらいで戻って来るのと聞かれます。保管時間で金額が変わるようで、そんなに長時間ではなかったので2万ドンくらいだったと思いますが支払ってカギを受け取りました。こんな感じのロッカーなので貴重品は入れておかないように(笑)

 

そして、身軽になりハノイぶら散歩です。

まずは小腹満たすために、まずはフォーを食べて(´~`)モグモグ

ハノイはおしゃれなカフェが多いですけど、ここにもあるよ~^^ 狭い入口のカフェ。

ぶらぶらしていると何となく時間も迫って来たので、とりあえずハノイ駅に近いところまで戻り、クラフトビールの飲み比べ!喉がからからだったから、めちゃ美味しいのなんの♪ ベトナムもクラフトビール流行ってるのね。

iBiero Craftbeer House

住所:32 Gia Ngu Street | Hang Bac Ward, Hoan Kiem DistrictHanoi, Vietnam

タイムリミットも近づき、駅の前から出ているエアポートバスでノイバイ空港に向かいます。運賃は3万ドン、86番バス、時間は45分くらいで到着、便利です!

南寧からハノイまで国際列車

ベトナムのハノイへ南寧から国際列車で行ってみることにした。初めての国際列車体験(^^)/

南寧ーハノイ間を1日上下とも1往復してます。(T8701南寧~ハノイ(ザーラム))南寧からは18時10分発です。(17年10月現在で)南寧駅のチケット売り場でパスポート提示で購入出来ます。売場は左端の①?でしか受付してくれません。金額は1人215元でした。比較的空いているって情報は得ていたのですが、当日はかなり心配なので出来れば早めのご購入を。

列車は国境までをゆっくりと中国国境の街ピンシャンに22時くらいに到着して、荷物と共に降り、出国手続きをします。そして終えたら列車に戻り、随分な時間を出発するまで待たねばなりません。まぁ、戻ってきたら速攻寝てましたけどね~。やっと23時41分に出発です。

走り出す列車はゆっくり運転で走り、ベトナム側のドンダンに0時20分(ベトナム時間)に到着するとまた荷物と共に入国手続き。終われば列車に戻るのだけど、ここでも停車が長い。やっと1時20分(ベトナム時間)に出発して朝の5時40分(ベトナム時間)にザーラムに無事到着だよ。

私はどこでも寝る得意技があるから、全く平気だけど(^-^;   思いのほか、寝心地良くて良かったです(笑)

 

香港海洋公園に行ってみる

香港には少し住んでた時期もあったりするので結構通ってたりするんだけど、オーシャンパークには全く行ったことがなーい。で何を思ってか「パンダに会いたい」となんとも可愛い事を考えてしまった訳で行ってきました、オーシャンパーク!!

チケットはチムにある旅行代理店で調達。何せ入場券は結構高いからね。

NORRAY TRAVEL(ノーレイトラベル)

香港九龍尖沙咀加連威老道8A-10加威中心1501-3 

HP http://jp.norraytvl.com/

ここのオフィスに直接行ってきて、割引チケットを購入です。大人がHK$438→HK$380 かなりお得なチケットです。

入口はちゃっちい感じはするんだけど、水族館と遊園地が一体化した巨大テーマパークだったよ。アトラクションはすごい絶景を楽しめて面白すぎた。なぜに今まで行ったことなかったのか惜しまれるところです。

ケーブルカーは平日でも30分くらいは並んだので、土日はかなり混んでるかもです。しかし必ずチャレンジした方がいいと思います。海の上をケーブルカーが渡ってて、眺めが絶景です。

お目当てのパンダちゃん、すごく近い距離で見れることが出来ます。この写真にはないけど、パンダのウンチはやっぱりグリーンだったね((´∀`*))ヶラヶラ

色々なアトラクションもチャレンジして、丸一日オーシャンパークで遊び倒しました。いやぁ、また行きたいわ。

はるばる飲茶に行ってみる。

香港の空港に到着してすぐに、いつもと違う方面のバスに乗り込んで向かったのは元朗。
元朗まで行って何がしたかったかというと、食神と呼ばれる有名なシェフの飲茶が安くて美味しいそうだし行ってみたいというただの食いしん坊だということで((´∀`))

大栄華酒楼
元朗安寧路2-6號2樓
2476-9888

ちょうどピークの時間が過ぎたところにお店に入れたのですが、このあとフロントのところでお客さんが並んで待っていました。どうやら朝の時間と14時からは通常価格からお安くなっているらしい・・惜しいことした。

 

ここはマーライコーが有名だそうだが、私は実はあんまり好きではないので食べなかったけど、周りの地元な人達は食べてましたね~。

しかし安定の密汁叉焼包はヤバいよ旨いよ!鮮蝦韮菜餃は何個でもいけそうです。あと、魚の団子が上にごろごろ乗ってる面が食欲にとどめを刺してくれました。美味しかった~!

元朗は蝦子麺も美味しい店もあるし、食べ歩きしに来よう(笑)

旅の途中、こんなもん食べた。

 

マカオから珠海に入り、メインランド旅の途中だった先輩女子と合流した。

陽朔付近で蓮の実をおばちゃんから貰ったそうで、私にお土産(笑)    実を食べると美味いらしい。貰ったその夜に実食。


これ、蓮の実です。グリーンオリーブのような形。かわいいの。

これを剥くと薄皮ついてて剥がすと、白い実が出て来る。香りはなく、味も淡い苦味もあるけど、ナッティな感じです。食感は茹でたピーナツかな。意外にハマる!

しかしですね、蓮の実を生で食すというのは、なかなかないので嬉しかったお土産(笑)

スポンサーリンク

食べて幸せな気分になれる。マカオでローカルグルメ

香港からマカオに行く時に決まって食べる悶絶もんなB級グルメ。

牛記咖喱美食の咖喱牛腩麵

 


牛記咖喱美食

住所:新馬路十月初五街1號地下

このスパイスが絶妙に旨くて、もうカレーカレーカレーと欲求するのね。マカオでは外せないわー!

 

祥記麺家

住所:澳门福隆新街68号

あと、セナド広場から近い福隆新街にある祥記麺家。ここの蝦子麺は癖になりすぎます。ガイドブックやTVでも紹介されてる超有名店ですが本当に旨い蝦子麺なの。コシがすごくある麺に蝦の卵のプツプツ感が堪らない。

福隆新街にはフカヒレの添發碗仔翅美食もあるし、この辺りは食べとくべきローカルグルメが楽しめます。

スポンサーリンク

早朝の朝飲茶の時間


蓮香樓

中環威霊頓街160-164号

香港にいる時、朝に上環あたりにいると、古き良き香港スタイルな飲茶な蓮香樓に行ってしまうんです。大好きな飲茶のお店。ワゴン式飲茶はとてもワクワクするのです。
朝6時からやってるけど、早い時間からも混んでる。空いてる席を探すのがなかなか大変!でもここで負けてちゃいけない訳ですよ。


席を見つけたら、お茶を決めます。そしてお湯が来ると、お箸や茶碗をお湯で洗います。お店の人から会計の紙を貰ったら、点心の名前を言いながら歩いて運ばれてくるワゴンをチェックしながら、欲しい点心が来たら、会計の紙にハンコ押して貰って点心をとる。私なんか殆ど広東語無理だけど、とりあえず何とかなります。

やっぱり香港の朝飲茶、愉しいし美味し過ぎるのよね!

スポンサーリンク